地道にFacebookを更新してセフレが入れ食い状態になった俺が凄過ぎる!

Facebookで工作したらセフレが増えすぎた!

最近になって普通に顔写真やプライベート写真を気軽にネット上にアップする女性達が増えてきた。これは全てFacebookの構成と思って間違いないだろう。

 

俺はFacebookで社会的ステータスが高く、独身男、高収入、性格良し、これらを演出して自分のFacebookを作り上げて2年がたった。全てのセレブ生活は架空の話だし、写真はその辺からパクって掲載している。

 

気づいたら俺好みの女の友達が2000人になっていた。

 

しかも多くの女性がタイムラインでなくプライベートメッセージで話しかけてくる。

 

ここで告白しよう。2年で300人以上の女を抱いた。全てFacebookの女達だ。全てある程度の身元が確かな女達だけをチョイスしたので性病に掛かったことも一度もない。

 

一体、このアカウントにはどれくらいの価値があるのだろうか?こんなことまで考えてしまう。

 

もちろん、実際の俺はメタボで低収入な普通のサラリーマンである。

 

俺彼女達を抱いて一番のセフレになった女を今回は特別に紹介しよう。

 

彼女は外資系の航空系会社で働く現役バリバリのキャリアウーマン。Facebookで俺が外資系金融やコンサルティング会社を転々として稼いでると言うでっち上げのプロフに見事に食いついてきた。プライベートメッセージではとにかく「一度で良いから面接して欲しい。」と何回も送られてきた。

 

渋谷の某喫茶店で待ち合わせたのだが、マジでモデルが来たと思ったね。身長は170cmくらいはあるだろうか。アジア系美人と言った顔立ちでローラにかなり似ている。フェロモンもハンパで無い。
英語も堪能、趣味はベリーダンス。どおりで腰つきがエロい訳だ。とにかく話を合わすのが大変だったが、出会う時に専用に頑張って購入したアルマーニのスーツとロレックスデイトナで俺の事を信じきっている様だ。場末の風俗店長とも知らずに。

 

ラブホテルで俺はハチャメチャに彼女に欲情した。まずはキスでベットに押し倒し、スカートを巻くり上げ中を味わった。指マンとクンニ同時攻め。しかし何故か喘ぎ声を上げてくれない。このテクで鳴かなかった女は一人もいないというのに?

 

「気持ち良くないのか?」

 

「いいえ、凄い気持ちいのですが、私実はSMが好きで。攻めた方が感じるんです」

 

人は見かけによらない。しかし高学歴ほどSMプレイにハマるとの噂を聞いていたので俺は妙に納得した。

 

初めてのSM体験。彼女は持参してきたガーターを着用して益々色っぽい。まるで映画に出てきそうな極上の美女だ。俺はいきなりビンタされた!

 

「ひざまずきなさい!」

 

え?このOLはS女だったのか?ビンタは本気では無かったがなかなかショッキングだ。しかしこのビンタで俺の下半身はマックスに勃起していた。驚くほどに。

 

アイマスクをされ、暗闇の世界。彼女の舌先の動きが絶妙すぎる。体中を全て愛撫されアナルの中にまで舌先が入ってきた時は声を上げて鳴いてしまった。

 

「こんな汚い部分が感じるなんて」「あなた汚い人間ね」「私も人の事言えないけど」

 

言葉攻めの連続に俺はますます勃起していった。一度バイアグラを試した事があるがその時以上にペニスに血が集まっているのを確かに時間した。

 

俺はこの日、SMに完全覚醒してしまった。