セフレを入れ食い出来るこれからの人は過去にテレクラ経験が豊富な親父だ!

これから数年はテレクラ黄金期を極めた親父達に有利!

テレクラを極めた親父の時代

スマホが登場してから時代が変わった。私は明らかに最近の出会いコミュニティー全般に革命が起きていると感じている。

 

大きな原因は確実にLINEアプリの影響があると確信している。LINEの登場は明らかに若い世代の日常的なネット連絡手段となったからである。

 

僅か数年前までは、スマホを使っている人の方が少数派で多くの人々はガラケー携帯電話をポチポチと押していたのだ。この光景の違いに驚かない人は正直言って少し自分を疑った方が良いと思う。目の前で革命が起きているのにボーっとして何もしない情報弱者になってしまうからだ。

 

そして、ガラケーをポチポチしている状況は2015年現在は全く見ない程になった。そして、LINEの登場により、電子メールと言う連絡手段まで利用しなくなった人達も多い。特に若い10代や20代の若者は既にキャリアメールの存在を無視している。

 

この様な時代の流れになると、従来我々が利用して来た「出会い系サイトや出会い掲示板」も過疎化が見受けられる。

 

そして、時代のサイクルにより出会いコミュニティーの潮流はメールから電話へとシフトしているのである。所謂、テレクラ系のツーショットダイヤルがその本命ドストライクゾーンである。

 

このツーショット番組のブーム化により今美味しい思いが出来るのは、間違いなくテレクラ黄金期に電話の早取りに燃えていた今40代から50代の親父達である。

 

1980年の日本が空前のバブル景気に浮かれていた時に大ブームを巻き起こしたテレクラナンパが今、ツーショットダイヤルに姿を変えてブームとなっているのである。

 

だからこそ、今金銭的にも余裕が出き女にある程度の経費を掛けれるエロ親父達は確実にツーショット番組を利用するべきだ。

 

そして、毎日続々と登録してくる新規女を片っ端からスマホで口説いてハメまくるべきだ。幸運な事に今時の女は肉食化して、女性経験豊富な親父達とのセックスを自ら望んでいる女も多いからな。更に、彼女達は今LINE電話エッチにハマっているケースが多いので、よりテレクラ世代にとっては追い風な状況なのだ。

 

このビックウェーブに乗らないで何時女を口説くのだろうか?私にはツーショットを利用しない理由が見当たらない。

 

まあ、若い男達はテレクラ経験も無いだろうから、リンリンハウスにでも突撃してテレクラナンパを肌で感じて来てはどうだろうか?トークセンスがある人なら数ヶ月通えば立派なテレクラナンパ師として活躍出来るだろう。